省エネ・節電ポータル

  • カタログ・パンフレット一覧
  • 診断・講師派遣のお申込はこちら(申込書ダウンロード)ページ

省エネ診断事例

金属(磨棒鋼)

建設用・建築用金属製品製造業のケース

M社 様
地域:
東海
従業員:
約220名

M社様では、部署単位での省エネ活動を推進されていますが、大きな成果を得るまでには至っていません。今回、コンプレッサ周りの省エネなどを目的に受診されました。現状のエネルギー消費は熱量比率でみると、電力が73%、燃料が23%であり、照明器具の適正化や高効率化、コンプレッサの吐出圧力低減や漏れ防止など電力関連と、ボイラ蒸気圧力の適正化や蒸気配管・バルブの保温など燃料関連の省エネをご提案しました。

11.8%減 7,860千円/年の削減

エネルギー使用状況
内訳 電気
(千kWh/年)
LPG
(千kg/年)
A重油
(kL/年)
灯油
(kL/年)
改善前 2,400 17 190 4.0
改善後 2,069 17 171 4.0
提案項目ダイジェスト

運用改善

  • 提案1 照明

    照度基準に合わせた照明器具量の適正化

  • 提案2 照明

    工場高天井照明の晴天時消灯

  • 提案3 コンプレッサ

    エア配管の漏れ防止

  • 提案4 ボイラ

    ボイラ空気比の適正化

  • 提案5 ボイラ

    蒸気圧力の緩和

投資改善

  • 提案6 照明

    工場水銀灯照明を高効率蛍光灯に更新

  • 提案7 コンプレッサ

    エアコンプレッサ吐出圧力の低減

  • 提案8 生産設備

    槽の液面の断熱

  • 提案9 蒸気配管

    蒸気ドレンの回収

コストをかけずに実行できる運用改善 5案

※省エネルギー量は、原油換算で表示しております。

もっと高効率の設備へ投資改善 4案

※省エネルギー量は、原油換算で表示しております。

PDFダウンロード