省エネ・節電ポータル

  • カタログ・パンフレット一覧
  • 診断・講師派遣のお申込はこちら(申込書ダウンロード)ページ

省エネ診断事例

宿泊業(リゾート、温泉ホテル施設)

宿泊施設のケース

N社 様
地域:
四国
従業員:
約257名

N社様では、これまでにデマンド監視制御装置の導入や照明の不要箇所の消灯が実施されています。年間エネルギー使用量として、6~9月に電力使用が多いことから、空調設備を主体とした改善対策についてご提案しました。また、ボイラ燃料についても全体の20%以上を占めていることから配管・バルブの保温対策等についても提案しました。

6.2%減 2,315千円/年の削減

エネルギー使用状況
内訳 電気
(千kWh/年)
都市ガス
(千m3年)
A重油
(kL/年)
上水
(千m3/年)
改善前 1,219 19.7 96 23.3
改善後 1,165 19.1 84 22.7
提案項目ダイジェスト

運用改善

  • 提案1 照明

    不要照明の消灯

  • 提案2 照明

    自動販売機表示灯の間引き

  • 提案3 換気設備

    換気の外気量を削減し空調負荷を低減

  • 提案4 ボイラ

    A重油炊き蒸気ボイラの空気比管理

投資改善

  • 提案5 空調設備

    空調室外機への日射対策

  • 提案6 換気設備

    インバータ導入(風量削減)

  • 提案7 換気設備

    誘導電動機の高効率型への更新

  • 提案8 給湯設備

    ガス貯湯式湯沸器タンクの保温

  • 提案9 ボイラ

    蒸気配管・バルブの保温

  • 提案10 給湯設備 給排水

    節水シャワーヘッドの採用

コストをかけずに実行できる運用改善 4案

※省エネルギー量は、原油換算で表示しております。

もっと高効率の設備へ投資改善 6案

※省エネルギー量は、原油換算で表示しております。

PDFダウンロード